情報セキュリティ基本方針

私たちKSKグループは、お客さまに常に安心・安全なサービス・製品を提供して信頼されるITソリューションのトータルプロバイダであり続けたいと考えています。この考え方のもとに、顧客情報を含む全ての情報資産の重要性を認識し、必要な情報セキュリティマネジメントシステムを確立します。これにより法令遵守を基本とした企業倫理のさらなる向上と、情報社会における安全性、信頼性を確保致します。
1. 管理体制の確立
当社の各組織の責任者は、組織に最適な情報セキュリティマネジメントを実施できる体制を作ります。
2. 情報セキュリティ対策の実施
各組織は、情報セキュリティ基本方針に基づいて、保有する情報資産の価値に応じた管理策を策定して適用し、日々の業務をマネジメントします。
3. 教育の実施・徹底
情報資産を取り扱う全役員・従業員ひとりひとりが情報セキュリティの重要性を認識し行動するための教育を実施・徹底します。
4. 法令等への準拠
全ての役員・従業員は、情報セキュリティに関連する法令、ガイドライン並びに社内規則等を順守し、情報化社会の維持・発展に寄与します。違反した場合は規程に準じた罰則が適用されます。
5. 継続的改善
情報セキュリティマネジメントシステムの運用状況を定期的に監査すると共に、情報技術の進歩、社会状況及び法令の変化などに対応して、継続的な見直し改善を行います。
2009年12月1日制定
株式会社KSKデータ
代表取締役社長 内山 郁夫